文学の役割ーカズオ・イシグロ氏の言葉から

日本時間の昨夜(10月5日)、カズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞のニュースが飛び込んできました。
以下はBBCが伝えた、受賞の知らせを受けた後の同氏の言葉より。

"The world is in a very uncertain moment and I would hope all the Nobel Prizes would be a force for something positive in the world as it is at the moment,"

(世界がとても不確かな状態にある今この瞬間、すべてのノーベル賞(受賞者、受賞研究)が世界になにがしか確実なものを与える力になれればと思います)

"I'll be deeply moved if I could in some way be part of some sort of climate this year in contributing to some sort of positive atmosphere at a very uncertain time."

(もし私が、とても不確かな今の時代、今年のある種の雰囲気のなかにあって、どうにかして確かな空気をつくりだすことに貢献できるとしたならば、感慨無量です)

『日の名残り』の作家ならではの、つつましやかな表現ながら、文学の役割、知の役割についての、揺るぎのない確信を感じます。12月の授賞式でのスピーチが今から楽しみでなりません。

(上記の訳は拙訳。せっかくの名文に稚拙な訳で恐縮です)
www.bbc.com