読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HeForSheセミナーに行ってきました

f:id:fukukm10889:20170307215724j:plain

今日(3月7日)、HeForSheセミナー「イノベーションが変える未来の仕事〜マインドセットが変える私たちの生き方・働き方」に行ってきました。HeForShe は、UN Womenが発表したジェンダー平等のための連帯キャンペーン(日本サイト)。今回のイベントはPwC Japan、文京区、ユニリーバジャパン、UN Women 日本事務所の共催ですが、聞けば、ユニリーバジャパンの島田由香さん、PwCの唐木明子さんたちが、ほとんど手弁当で立ち上げたイベントだとのこと。
ご本人たちは「手作り感満載」と謙遜していましたが、パネルのメンバーや各パネルの内容が実に考え抜かれていて、4時間という時間があっという間でした。各パネリストの発言に、印象的な言葉や学びがたくさんあったので、備忘として記しておきます。

松尾豊さん(東大大学院工学系研究科特任教授)

「AIの進化が進むと、例えば内科医の仕事の『診断する』という部分はAIに代替される。代替されないのは、患者さんの価値観を知った上で治療法を提案するといった、コミュニケーション力が必要とされる部分。コンサルタント、弁護士といったクライアントに向き合う仕事はみな同様。コミュニケーション力がカギになる」

青砥瑞人さん(DAncing Einstein代表)

「マインドセット、つまり、神経回路が固着化されてしまうと、変わりづらいが、人間の脳は大人になっても変われるもの。行動パターンも変わる」「人間の強みはinvisibleなものをみること。自分の内側をモニタリングする、自分を客観的に俯瞰してみること(メタ認知)が大事」

松本晃さん(カルビー会長)

「4時に帰る、2時に帰ると、(学び、教養、家族と過ごす、健康づくりなどによって)魅力的な人間になる。魅力的な人間がいい仕事をする」「頭を切り替えることは1秒でできる」「(Diversityの実践などは、いつまでに○%など)数字でコミットすることが大事。The number is honest.」

有沢正人さん(カゴメ執行役員)

「働き方改革は生き方改革」「常識を疑う。気づきの原点は、りそな銀行時代。JR東日本副会長がトップになったときに、銀行員の常識は世間の非常識、に気づき、りそな銀行の閉店時間を15:00でなく17:00などに延長した」「Do the right things now.」

八木洋介さん(people first代表取締役)

「『会社が変わらない』と言う人がいるけれど、会社君という人はいない。自分が会社君だと思って変えないと。トップダウンを期待していたら、何も変わらない。自分ができることを、自分の身の回りからやるべき。正しいことをすることが、自分の支持者を増やすことになる」

高津尚志さん(IMD 北東アジア代表)

「ワーク、リレーションシップ、セルフ(自分自身)。優先順位がないかぎり、働き方改革をしても変わらない」「自分の人生をリードできない人は、他の人をリードできない」

井上一鷹さん(JINS MEME開発統括)

「JINS MEME(という眼鏡)では、1 日の目の動きで、どの作業をしていたときに集中力が高かったのかわかる。脳の万歩計。人間の集中力は4時間。その4時間を最適配分する。生産性の一つの指標として。集中力が下がる日や時間帯には、work以外のことをすればいい」

平山景子さん(グーグル合同会社 サーチ&ブランドマーケティング統括部長)

「未来の働き方トライアルに、55社・2000人弱が参加。モデル部署は全メンバー参加、結果を数字で出すことが条件。①Work Anywhere、②Work Simply(会議のシンプル化)、③Work Shorter(今日帰る時間を自分で設計する)。③では、意識改革で1-2時間の時間短縮ができることがわかった」

安藤哲也さん(ファザーリングジャパン・ファウンダー)

「育児は期間限定つきのプロジェクトX。週末だけの育メンは増えたが、それだけではダメ。男性も育休をとると生産性が高くなる。8時に家に帰るためにどうやって仕事をするかを考える」「リスクをとらないほうがリスクになることがある」


「自分が正しいと思うことを身の回りから少しずつ実践することが、世の中を変えていく」。これは私の信念ですが、ここに集まっている人たちは皆心からそう信じて行動していることがわかって、百万の味方を得たように、心強く思いました。日本社会が変わり始めている、とくに男性たちが変わってきていることを体感できたことも、嬉しい驚きでした。

最後に。今日の議論の中で、「take action」は男性のほうがしやすい、という話があったのですが、私はけっしてそうは思っていません。ちょうど今日、会場へ向かう途中でみた、The Economistのtwitterでサッチャー英元首相のこんな言葉がツイートされていました。

“If you want something said, ask a man; if you want something done, ask a woman.”

今日のセミナーを中心になって企画・運営してくださった女性たちの行動力が、何よりそれを証明していると思います。