変える!何を?

以前にこのブログで、「面倒くささ」との戦いについて書いたことがある
2009-11-13 - The Power of Words: Kyoko Fukuda's Blog)。「変えること」も、「面倒くささ」との戦いの1つで、ものぐさな私は、ついついおっくうになってしまう。
しかし昨日午後、「面倒くささ」との戦いに勝って(!)ついに、変えた。携帯キャリアを。18年くらい使っていた携帯のキャリア(ガラケー)をスイッチして、iPhone6に変えたのだ。iPhoneはもともと4を持っているが、これは来月に解約する。つまり、2台もちを解消することにした。
iPhoneを最初に買った頃(2010年)は、番号の持ち運びができず、仕事で使っていた携帯番号を変えたくないがために、2台もちとしていたのだ。

ついでに、モバイルのキャリアだけでなく、自宅の光回線のキャリアも変えることにした。1つの回線で2つの番号を使用していたりと、いろいろ複雑だったのだが、ショップの店員さんが親切に、きっちりと段取りを教えてくれた。
これらの変更により、携帯に関する長年の不便さが解消されただけでなく、大幅な通信コスト削減になった(もう一台のiPhone解約費用や、自宅回線の切り替え費用がかかるが、これらのコスト増分は4カ月くらいで解消され、あとはこれまでに比べて“黒字”になる予定だ)。

「変える」ことは、考えだすと面倒だが、「●曜日の●時にショップに行く」など、”何気ない行動”におきかえてしまえばよい。そうすればハードルがうんと低くなることに気づいたのだった。