近況など

気がつけば2012年も、もう半分終わってしまいました。まとめて近況報告と雑感を。昨年は震災以後、半年くらい、仕事の動きがぱったりと止まっていたのですが、秋以降に忙しくなり、それが今年4月頃まで続きました。ゴールデンウィークはけっこうのんびりでき、その後また5月から、忙しいサイクルに入っています。昨年から続けている大きめのプロジェクトが佳境にさしかかっているというか、muddle throughの渦中にあります。8月くらいには、先が見える状態になっていればいいな、と思っています。
 この半年くらい、いろいろ「協働」の形を模索してきました。つくづく分かったのは、自分が、いかに人との協働作業が苦手であるか、ということ。最近、ある人事関連のコンサルティングサービスの「マネジメントプロファイル」測定診断を受けたのですが、その測定においても、「起業家」「仕事人」の性格が強く、「管理者」「調整役」の性格が弱いという傾向が、はっきりと出ました。これは、もう、子どもの頃からの性格なので、今後トレーニングによってdevelopment、矯正できるものではないかもしれません(笑)。その一方で、強いプロ意識を持った、専門領域の違う人たちと、お互いの仕事に干渉しないで作業したプロジェクトは、とてもうまくいきました。今後は、こちら方向、つまり自分と違う専門性をもったプロと組んでいく方向を、さらに模索していきたいと思います。
 前にも、創業して4年たった、ということをブログに書きましたが、4期目の決算を終えて思ったのは、「現状維持でいい」というのは、後退を意味する、ということです。苦しくても、少しでもビジネスの「成長」を志向していないと、現状維持すら危うい。そんな緊張感を意識のどこかでいつももちつつ、今年の後半も頑張っていきたいと思います。