アウトソーシングの効用

 先日、二つほどの仕事をアウトソーシングした。どちらも、この1カ月ほどToDoリストにずっと載り続けていたもので、「締め切りがきっちり決まっているわけではない」「どちらかというと苦手でなかなか手がつかない」「ある部分だけ切り出すことができる」「NDA(秘密保持条項)が絡まない」仕事。
 これまで、アウトソーシングをするときは、かなりまとまった量の仕事のことが多く、今回のように、「やろうと思えば半日でできる仕事」を、アウトソーシングをしたのは、会社を立ち上げてから初めての経験だった。
 結果として、やっていただいた仕事そのものの満足度が高かっただけでなく、「ToDoリストにずっと載り続けている」というストレスからも解放された。
 二つとも専門家に頼んだので、それ相応の費用はかかったけれど、それだけの価値、というか心理的な効用も含めれば、それ以上の価値があった。今後はもっと気軽にアウトソーシングをしようと思う。