読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月16日にセミナーを開催します

お知らせ

 昨年11月24日に、仕事仲間の林正愛さん、三田真美さんと一緒に「企業コミュニケーションに必要な編集センス」というセミナーを開催いたしました(前回の内容についてはこのエントリーこのエントリー参照)。
 前回は、おかげさまで、企業の広報部門の方々や、コミュニケーション関係の仕事をされている方々をお迎えして、好評のうちに終えることができました。私達は、この経験を1回だけに終わらせるのでなく、発展させていきたいと考え、このたび、『プロが教える「つたえる」技術――(1)校正とルール作り』と題するセミナー・ワークショップを開催することにいたしました。
 仕事の上で、自ら文章を書いたり、他の人の書いた文章を読む・チェックする、という機会は、多くの方がお持ちのことと思います。ビジネスにおける文書は、独りよがりのものではありえず、社内に向けたものであれ、社外に向けたものであれ、必ず他の人の目に触れるもの。そのときに、「文字や表記が正しいか、統一性があるか」ということは、プロの文章か否かを分けるポイントになります。大部の報告書などは専門の校正士や校正会社に依頼するとしても、短い文章は、自分でチェックする癖をつけておきたいもの。では、どんなところに気をつければいいのか? そのポイントを、長年編集に携わってきた私達3人が、自らの手痛い失敗の経験なども交えて、実務にすぐに役立つ形でお伝えしていきます(演習タイムもあります)。
★  ★  ★
編集コミュニケーション研究会 セミナー・ワークショップ
『プロが教える「つたえる」技術――(1)校正とルール作り』
日時:2011年2月16日(水)18:30〜20:30(変更になりました。ご注意ください)
会場:東京都港区内の会議室 
講師:林正愛(アマプロ株式会社)、三田真美(元日経BP社・現フリーランス編集者)、福田恭子(アテナ・ブレインズ)
対象:企業の広報やマーケティング、経営企画など、社外・社内を含めた企業コミュニケーションに関わる方、実務で文章作成や文章チェックの機会の多い方など
参加費:3,000円(税込)*当日現金にてお持ちください。領収書を発行いたします。
申込締切:2月10日(木)

参加希望の方・ご関心のある方は、当社ホームページのcontacts欄からお問い合わせください。会場等、詳しい情報をお伝えします。