読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

整理もまた編集である

明日はいよいよ、独立して初めてのセミナー。プレゼンテーションの準備は、数日前にだいたい終わったので、今日はチェック程度にとどめ、あとの時間は、会社の帳簿付け(これは大抵、週末にやっている)と、家の掃除と、仕事部屋の片づけに費やしました。
プリントアウトした資料や、雑誌、本が、知らず知らずたまっていて、何かを探すのにかなり時間がかかる状態になっていたので、思いきって整理することに。ファイルからあふれた資料や、棚にぎっしり詰め込んでいた雑誌でいらないものは処分し、本は、積み上げていた分を、ひとまず別の部屋に移動しました(本を「捨てる」決断をするには、ワンクッション必要)。片付くにつれて、だんだん気分も爽快になり、新しいことに取り組めそうな気がしてきました。
モノが溢れてかなり悲惨な状態になってから、バサッと捨てる、というのは、実は私にとって最大の気分転換であり、「普段こまめに整理しないのは、その楽しみをとっておくため」と言っては、家族から顰蹙を買っています。
でも、考えてみれば、「捨てること」「整理」もまた編集の一側面。気がつけば、OFFの日も、ONの日と似たようなことをしていたのでした。