読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「変える」人を支援する

言葉

「アジア・イノベーション・フォーラム2010」http://www.aif21c.com/program.htmlというフォーラムを聴講してきた。ビジネス界のリーダー達から、力のある言葉の数々を聞くことができて大いに刺激を受けた。後日、それらの言葉を紹介する機会があるかもしれないけれど、忘れないうちに、私自身がどういう刺激を受けたか、ということだけ書いておきたい。
フォーラムのテーマは、「日本とアジアの新・共創戦略 ―「延命(XYZ戦略)」から「創造(ABC戦略)」へ」。ようするに、どうやって変革、イノベーションをおこし、新しいものを生みだしていくか。
講演者やパネリストの方々から、問題点の指摘や解決の方法論、新産業創造ともいえるような取り組みの数々を山のように伺った末、私自身は、結局、「変革を生みだす」のは個人なのだ、というシンプルな(当たり前の)結論に行き着いた。企業が変わるには、企業のなかにすぐれたリーダーが必要であり、新しいビジネスを生み出すには、アントレプレナーが必要なのだ(書いてみると、本当に当たり前のこと)。
そして、そういう、「変える」人、イノベーターを支援すること、とくに、そうした人の言葉が多くの人に届くような支援を行うこと。それが私にできる、「変革」への関わり方であり、フォーラムのテーマを借りれば、私なりの「ABC戦略」なのだ。二年半前に独立して以来、やってきたこと、やろうとしてきたことの方向性に迷いがなくなった、というか、覚悟が決まった感じがする。その意味で、実りの多いフォーラムだった。