読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェフ・べゾスの卒業式スピーチ

アマゾン創業者であるジェフ・べゾスのプリンストン大学卒業式でのスピーチが載っていたので、ご紹介したい。卒業式は5月30日、Class of 2010(2010年卒業生)に向けてのスピーチ。

まず最初に、べゾスは、10歳の頃の自分の経験から説き起こす。
べゾスは子供時代の夏休みを祖父母のケンタッキー州の農園で過ごすことが多かったが、トレーラー(Airstream trailer)での、祖父母のアメリカ各地やカナダへのキャラバンに同行することもあった。そんな折の出来事。ヘビースモーカーであるおばあちゃんがトレーラーの中で煙をくゆらすのをみて、べゾス少年はある計算をする。1本のたばこが、寿命をどれくらい(何分)縮めるか、といった内容の広告を思い出し、「1本が2分とすると、おばあちゃんは1日に何本吸うから・・・」と計算を始める。そして得意げにおばあちゃんに「1本で2分の寿命が縮むとすると、おばあちゃんは9年寿命が短くなるよ!」と伝えると・・・。おばあちゃんは大泣きした。べゾス少年は、「なんて賢いんだろう!」と褒められると思っていたのに、おばあちゃんが泣きだしたのでびっくりした。
そのやりとりを見ていたおじいちゃんはトレーラーを止め、やさしく穏やかな口調でこう言った。
「Jeff, one day you'll understand that it's harder to be kind than clever.(ジェフ、賢くあるよりも、優しくあるほうが難しいことだと、お前もいつかわかるようになるよ。」

この話を枕に、べゾスは卒業生たちに「gifts(持ってうまれたもの、天賦の才能)」と「choices(自ら選択したもの)」の違いについて語る。

Cleverness is a gift, kindness is a choice. Gifts are easy -- they're given after all. Choices can be hard. You can seduce yourself with your gifts if you're not careful, and if you do, it'll probably be to the detriment of your choices.This is a group with many gifts. I'm sure one of your gifts is the gift of a smart and capable brain.
(賢さは持って生まれたもの(gift)であり、優しさは選択したもの(choice)だ。giftsは、天から与えられたものだから苦労はなく、choicesの方が困難だ。ここにいる皆さんはgiftsに恵まれている。賢さというgiftだ。)

How will you use these gifts? And will you take pride in your gifts or pride in your choices?
(あなたがたは、こうしたgiftsをどのように使うだろうか。そして自らが持って生まれたものと、自らの選択(choices)に誇りを持てるだろうか。

このあと、べゾスは、16年前にアマゾンを始めた頃のことを語る。よく知られる通り、べゾスはインターネットの成長を目にして、本のネット販売のモデルを思いつき、勤めていたニューヨークの投資銀行をやめ、妻と二人で西海岸(シアトル)に向かう。NYの銀行をやめるとき、上司に「いいアイデアだけど、今の仕事をやめて始めるほどのアイデアかどうか、48時間だけ考えてごらん」と言われ、べゾスは48時間考えたが、やはり決心は変わらない。

After much consideration, I took the less safe path to follow my passion, and I'm proud of that choice.
(熟慮したあと、私はpassionに従って、より困難な道を選ぶことにした。そして、その選択をしたことを誇りに思っている。)

スピーチの最後の方で、「明日から、あなた自身が創造する、本当の意味でのあなた方の人生の物語が始まる(Tomorrow, in a very real sense, your life -- the life you author from scratch on your own -- begins.)」として、以下のような問いかけの言葉を、べゾスは卒業生たちに贈っている。

  • How will you use your gifts? What choices will you make?

(持って生まれたもの(gifts)をどのように生かしますか、どんな選択(choices)をしますか?)

  • Will inertia be your guide, or will you follow your passions?

(惰性に従いますか、それとも情熱に従いますか?)

  • Will you follow dogma, or will you be original?

(ドグマに従いますか、それとも独創的であろうとしますか?)

  • Will you choose a life of ease, or a life of service and adventure?

(たやすい道を選びますか、それとも人の役にたつ冒険的な人生を選びますか?)

  • Will you wilt under criticism, or will you follow your convictions?

(他人の批評でやる気をなくしますか、それとも自分の信念に従いますか?)

  • Will you bluff it out when you're wrong, or will you apologize?

(間違ったときにはったりで切り抜けますか、それとも自らの非を認めますか?)

  • Will you guard your heart against rejection, or will you act when you fall in love?

(恋に落ちた時、振られて傷つくことから自分の心を守りますか、それとも行動しますか?)

  • Will you play it safe, or will you be a little bit swashbuckling?

(ものごとを安全に進めますか、それとも少しは向こう見ずなことをしますか?)

  • When it's tough, will you give up, or will you be relentless?

(厳しいことに直面したら、あきらめますか、それとも苛烈な状態に身を置き続けますか?)

  • Will you be a cynic, or will you be a builder?

(批評家になりますか、それとも新しいものを作り出す人になりますか?)

  • Will you be clever at the expense of others, or will you be kind?

(他人を犠牲にしてまで賢い人であろうとしますか、それとも優しい人になりますか?)


そして、結びの言葉。

In the end, we are our choices. Build yourself a great story. Thank you and good luck!
(結局、私たちの現在の姿は、私たちの選択の結果なのです。どうぞ、素晴らしい人生の物語を紡ぎだしてください。幸運を祈ります。)