読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「さえぎる」勇気、或いはタイミング

「女だけの会にすべきだと思うわ」バーナデットはつぎにそう言った。「男の人が入ると力学が変わってしまうでしょ。男は偉そうに御託を並べるだけで、話し合うってことをしないんですもの。持ち時間を超えて喋りすぎるのよ」
 ジョスリンは口を開いた。
「誰も口をはさめなくなってしまうわ。女は遠慮して人の話をさえぎれないでしょ。相手がどんなに長々喋っていてもね」
――カレン・ジョイ・ファウラージェイン・オースティンの読書会』(矢倉尚子訳、白水社、p.7)

ときには、人の話に割って入る、さえぎることも必要だ。しかし、タイミングが難しい。混んでいる道路での車線変更が難しいように。

ジェイン・オースティンの読書会

ジェイン・オースティンの読書会